スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 誤食
2008年07月17日 (木) | 編集 |

今日は我が家で起きた大変な出来事について書きたいと思います。
それが起きたのは今週月曜日の午後。
娘の幼稚園お迎えの時間となり、お出掛け準備をして玄関に向かうと・・・

息子が玄関のドアに向かって何かしてる???
名前を呼ぶと振り返り満面の笑みと口元に白い粉々した物がいっぱい。
ん?何食べてるんだ???と駆け寄った瞬間青ざめました

なんと、我が家で作った『ホウ酸団子』を食べていたんです!!!
下駄箱隣の傘立て下にこそ~っと忍ばせておいたのにまさかな事が起きたんです。
急いで口元を拭き、口の中に水を入れ洗いとりあえず何していいのか?

そういえば、『子供ガイドブック』があったような・・・
ペラペラめくってみると『中毒110』の文字が。
迷わず電話するも110へ掛けてしまった。
相手が出る前に切るもいたずら電話になってしまった
つくばの誤飲に関する相談センターなるところへTEL。
意外と冷静な自分にビックリ
食べた時間、量、ホウ酸団子のレシピ(ホウ酸含有量)を告げ、計算してもらうと食べた量は1gに達してはいないはずだが、すぐ大きい病院へかかるようにと言われました。

そこで我が家も何度かお世話になっているF病院へTEL。
が、『入院できる病院の方がいいですよ』って市民病院なのに出来ないの?
『K病院なら大丈夫ですかね~?』と聞くと『あそこは非常勤の先生しかいないからやめた方がいいかも』って・・・
そんな事言われるとこんな田舎で他に病院があるのか???
その後どこか病院がないか聞いてみるとI病院かM病院。
実はI病院は主人の親戚一同あまりよく思っていない病院。
診てもらっても誤診が多く、結局別の病院へまたかかる羽目になると散々聞いているのです。
迷わず、『M病院の電話と住所教えてください!!!』
M病院へ電話してすぐ向かったのです。この間十数分。

M病院まで45分。到着したのは誤食してから既に1時間近く経っていました。
診療時間ではなかったので、当番の先生が診察。
再び計算してもらって、『1/3個(ホウ酸2g)食べると致死量ですがそんなには食べてませんよね?』
『致死量・・・』字は頭に浮かんだのですが『致死量ってどんな症状が現れるんですか?』と質問してしまった。
先生にすかさず『字のごとく死に至る量ですから生命にかかわりますよ!』と。
この言葉を聴いた瞬間、頭が真っ白になり涙がポロポロ出て来ました。
ホウ酸の危険性の認識をそこまでしてませんでした。それに普通に薬局に売ってますよね。
大人でも4個食べたら致死量らしいのです。犬が間違えてよく食べてしまうそうです。

1/3は食べてないのは確かだけれど、手作りだから息子が口にした部分だけホウ酸の含有量が多かったりしたら・・・など色々考えてしまい、先生には『そこまで食べていないようなら胃洗浄は必要ないけれど、嘔吐・下痢は起きるかも。対処法は特にないですよ!』と言われ余計心配になってしまいました。
そのまま帰って自宅で観察してもいいと言われましたが片道45分。
夜中に何か起きてまたこの距離と時間がかかるのかと思うと不安で不安で入院させてもらうことになりました。

その後、小児科医の先生が見えてガラリと一転。
真っ黒な活性炭をムセながら息子は飲まされ、点滴に採血、下剤を飲みました。
今後の処置を細かく説明してくださり、24時間後の採血の結果で退院するか様子を見るかと言う事になりました。
やはり、専門の先生でないと違うんでしょうか。
入院手続きを待っている間、救急車で運ばれた小学生の子の親と話していました。
『救急隊の人達がF病院は子供を受け入れてくれないらしいのよ』って
『ここ(M病院)もホウ酸団子誤食した子の処置によっては受け入れられないって言われてね~』ってうちの子の処置によって受け入れてもらえなかったかも?
大阪で妊婦さんが病院にうけいれてもらえなかった事件を思い出しました。
本当にこんな事ってあるんだってこと。
それに小児科医が本当に少ないんだなってこと。

次の日採血の結果、数値も下がり心配は要らないでしょうとの事で無事退院出来ました。
これは本当に私の責任。小さな体に丸一日針を刺されたまま、本当に可愛そうな事をしてしまった。
もう、ごきぶりなんてどうでもいい!出てもいいからホウ酸団子片付けよっと思いました。


最後まで、長い愚母談読んでくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ


スポンサーサイト
テーマ:育児・子育て
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
本当に大変だったんですね
たいした事にならなくて良かったです
私だったらあわてるばかりで
きんねこんのように、出来るのかと
心配になってしまいました
子供は何をするか予想もつかないので
母はしっかりしてないといけませんよね

あまり自分を責めないでくださいね
お大事にe-398

2008/07/18(Fri) 00:02 | URL  | まりもん #-[ 編集]
無事で何よりです
ああよかった

病院も空いててよかった
何よりきんねこさんの正しい判断がよかったです
きんねこさんは危機状態にも冷静な判断が出来る立派な母です!
2008/07/18(Fri) 00:39 | URL  | sudohoge #sSHoJftA[ 編集]
頑張りましたね。
息子さんが無事でほんとうによかったです。
短時間の間に冷静な判断を頑張ってされたこと、中々出来ることではないと思います。
失敗はしてしまうものですが、私も結果論として学ぶことが大多数ですよ。
きんねこ☆さん、ご自分を責めずにね。

田舎だろうが都会だろうが、本当に医師不足、病院不足は深刻なんだと痛感しています。
私の住む地域でもまともに受け入れて貰える救急病院は皆無です。
大人はともかく、子供の小さな命をすぐに救える状況が整っていない状況はすごく不安ですね。
どうしたら良くなるのかな・・・答えがみつかりません。
2008/07/18(Fri) 08:31 | URL  | ぷくぷく123 #HzdiHiCs[ 編集]
ものすごくドキドキしながら読みました!
でも
とりあえず大したことにならず良かったです!!
もう すっかりと大丈夫ですか?
我が家にはホウ酸団子はありませんが
同じような事が他のもので いつ起こるかはわかりませんもの!! その時に きんねこ☆さんのように冷静に対応出来るか??? 自信がありません。。。
田舎ですので
病院の数も少なく
ホント病院までの移動時間も かなりかかる所にすんでいるので 色々と考える 機会になりました。
息子さん ホント 大したことがなく良かったです!!!

2008/07/18(Fri) 08:32 | URL  | 鈴木さん家 #-[ 編集]
えええ!すっごく大変だったんですね・・
もう大丈夫なのかな??ホウ酸ってそんなにコワイものだったなんて・・私も認識不足でした・・
でも、大事に至らなくて本当に良かったです!
それにしても・・先生でそんなに対応が変わるなんて^^;ものすごい不安ですv-12
それにやっぱり病院も少ないんですね。。
どうしてこうなっていったんだろう・・

2008/07/18(Fri) 10:22 | URL  | ちびマロン #-[ 編集]
あぁ~~よかった。無事でなによりです。
ホウ酸団子の危険性を初めて知ってぞっとしました。
市販品ですが、我が家にも沢山設置してあります。
小さいお子様連れの来客の時にはより一掃の
注意をはからないといけませんね。
病院の受け入れ問題って、どうして起こるんでしょうね。
ニュースで見る度に腹正しく思います。
病院って体の悪い人を見るのが当然のお仕事なのにね。
病院側の意見もあると思いますが、私には納得がいきません。
2008/07/18(Fri) 10:52 | URL  | happymaniax #rM/jSX2I[ 編集]
大変でしたね(>_<)
でも、無事で何よりです!!

うちも、パパのたばこを食べたことがあり、夜間の救急外来に連れて行った事があります。
その時の事を思い出すとゾッとします・・・
私も涙が止まりませんでした(T_T)

本当に無事でなによりです!!!!
2008/07/18(Fri) 12:48 | URL  | ぷんぷんママ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
★まりもんさん
 意外に冷静だったのは、こんなに危険な物だと認識してなかったからかもしれません。
 二人目の子はどうも監視が甘くなってしまいがちで気を引き締めなくてはっと思いました

★sudohogeさん
 振り返ると自分でもビックリしてるんです。
 電話の前に緊急連絡先リスト作らなくてはっ!です

★ぷくぷく123 さん
 そうなんです。病院の都合で物言えぬ子供が犠牲になるのは一番可愛そうなんです。
 私の町で今病院統合の話が出てるんですが、営利目的で結局市民のためになるんだろうか?と不安なんです。

 先生から致死量の説明を受けた時、目の前で満面の笑みの息子を見てこの笑顔が消えたとしたら…と胸が潰れそうでした。
 もうこんな思いはごめんです。

★鈴木さん家さん
 息子は幸いにもずっと元気です。
 しいて言えば、エアコン病でしょうか?快適すぎた病院から戻った我が家は寝苦しいらしく、毎夜泣いています^^;

 病院が少ない事を分かっていて、しかも危険性も分かってるはずの病院が、他へってどういうことなんでしょうかね。しかも遠いところへ・・・
 私の町はドクターヘリが良く飛ぶんですよ。
 それだけ処置できる施設もないってことなんですよね。

★ちびマロンさん
 当番の先生が全ての病気を見るってやっぱり無理があるのかもしれないですね。
 I病院、主人の親戚一同あまりよく思ってないのも緊急でかかった先生が専門でなかっただけなのではないかと思うんです。
 病院少ないですよ!合併前の町ではここに小児科&産科はありませんから。
 ちょっと難しい事が起きるとすぐヘリが呼ばれるんです

★happymaniaxさん
 ホウ酸の危険性、結構知られてない気もします。ゴキブリが死ぬんだから影響ないわけないんですけどね。
 病院問題はトップによって変わるんでしょうかね。私立と市立の違いとか・・・
 一般人には全く分からない内部事情ですけど、職業を選んだ以上、どんな病気でもしっかり対応してほしいものですね

★ぷんぷんママさん
 ぷんぷんママさんも気が気ではなかったんでしょうね。わかります。ただただ無事であるように願うしかなくて。
 元気な笑顔を見るとまだホロっときてしまうんですよ。
 
2008/07/18(Fri) 21:03 | URL  | きんねこ☆ #-[ 編集]
こんばんは☆
大変でしたね…でも、無事に退院できてよかったです!
医者も、専門外だと、処置の仕方もわからないんですね…家に帰って様子を見ても良いなんて言うとは…
きんねこさんはダメ母なんかじゃないですよ!!
自分を責めてしまう気持ちはわかるけどv-356
あまり自分を責めないで下さいね!!
私だったら、パニックになって、何もできないかも…
息子さんが無事だったのは、きんねこさんがしっかり対処したからです!


2008/07/18(Fri) 23:05 | URL  | う~ママ #-[ 編集]
きんちゃんの素早い行動が功を奏したと思います♪
世間でも問題になっているのは小児科不足
小児科は規定上 満14歳までは受け入れる事ができるのですが 少子化の波に押されて
確かに小児専門医が減ってきているのは事実です
但し小児科と云えど医師は臨床経験を積んでいるのだからちゃんとした対応は出来ますよ
色んな病院があって子供だから年寄りだから妊婦だから軽症だから重傷だから…
そういう目線で患者をたらい回しにする医療現場の現状は許しがたい部分があります
σ(・ω・*)も現役時代 連れていった年寄りの症状が軽いからという理由で何の検査もせず
帰されそうになった時に 大学病院の医者とケンカした事もあります^^;
病気を重い軽いとか年齢とかで判断しないでほしいと怒鳴ってやりました その時はΣ(ノ∀`*)ペチ
ホウ酸団子の危険性はワタシも知りませんでした
今回はとても勉強になりましたよ
何はともあれぉ子さん大事に^^
2008/07/19(Sat) 05:01 | URL  | 夜更かしメトロ #6kn2U.oc[ 編集]
コメントありがとう~♪
★う~ママさん
 電話をする手は初め震えてましたよ。でも、電話をかけるところ同じ事を話していると『また?』って感じでこっちは早くしたいのに~って不安より怒りの方が強かったかもしれないです。
 う~さんの行動にも目が話せないですねっ

★夜更かしメトロさん
 小児科って14歳までなんだ~σ(・・)高校生位の時に町の小児科行ってたっけ^^;ないからねぇ
 今回も本当は救急車呼んだ方がいいのかなぁ~?!と思った瞬間もあったのだけど、『救急車をタクシー変わりにしてる』って話題があったから躊躇しちゃった。ご近所の目もあるし・・・
救急車で行けば見てもらえると思ってる時代では本当にないようですね。悲しいけど。
2008/07/22(Tue) 20:59 | URL  | きんねこ☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。